インコの保温

【インコの保温電球】最初に買うなら40w!温度はどのくらい上がる?

うちには年中保温電球派のセキセイインコがいます。

3才頃までは、冬でも段ボールを被せてしのいでいたのですが。

インコの適温は?モフモフインコは可愛いけど、それって寒いのかも。こんにちは。インコ、飼ってますか? 私は飼ってます。ちょっと寒がりで年中「保温電球&サーモスタット」愛用のセキセイのポーちゃんです。 ...

若くて健康なインコに保温電球などのペットヒーターは必要ない、ともいいます。常に暖かいと発情の原因にもなります。何より寒さに弱インコになってしまうとかね。

とはいえ、インコ飼いにペットヒーターは必須です(とサーモスタットも……)!

結論からいえば、20wと40wの保温電球があると便利。

予算の関係で難しいなら、ひとまず40wのカバー付き電球を!!

セキセイインコの値段以上に高くなるのが腑に落ちないけど

まぁね。

でも、「ちょっと体調悪そう…」くらいなら保温だけで元気になるケースも多いです。これで何度病院に行かずに済んだことか。

今回は、我が家のインコ愛用の保温電球を中心に、おすすめのワット数や温まり方の違いを書いていきたいと思います。保温電球以外のペットヒーターのことも少し。

インコのヒーター:マルカンの保温電球40wは使えます!

インコ用のペットヒーター(保温電球)にはマルカンとアサヒ(マルカンより高め)がありますが、うちで愛用しているのはマルカン(ミニマルランド)の保温電球です。

マルカンの保温電球

本電球には20wと40wがありますが、温まり方の違いは実際に使ってみなければよくわかりません。以下にw数ごとの威力と個人的な感想を。

※室内の温度やカゴの形状で変化しますのであくまで参考までに。

なお、カバーをかけるのと、かけないのとではカゴ内温度は意外と変わります。(わが家はペットヒーターをカゴの外に2つ装着。電球はカバーごとレンジパネルで覆い、その上から透明カバー。住まいは東京です)

マルカン保温電球20w1本使い

威力は微妙。若い鳥や健康インコの寒さ対策ならあり。

ですが、病気の時はこれだけではまず足りません(小さなプラケースなどに入れる場合はイケるかもしれません)。室温より3度程高くなるかどうかってところかと。

マルカン保温電球40w1本使い

ヒナや老鳥、病気がちの子の普段使いに重宝します。

鳥かごの構造やもっと言えばご自宅の構造にもよりますが、室温22~23度の場合、40w一本でかご内温度は30度超える感じ(上からカバーなども使用した場合)。

逆に真冬だと、これ1本では30度には中々ならない。

病気時は30度以上にならないと「膨らみ」が取れないインコも多いよ

あくまで本気で具合悪い時ですがね。

ヘルニアのポーの場合、医師の指導により、保温電球とサーモスタットは欠かさないのですが(といっても、普通に放鳥はしてます)、春から秋に使っているのはこのワット数です。

マルカン保温電球20w+40w使い(60w)は?

そもそも、ペットヒーター2つも並べるの?

邪魔ですよね。

後述しますが、小鳥病院の薦めだったわけです。

当時めちゃくちゃ体調悪い時でね。そのせいもあってか、少しづつワット数足してインコの様子を見ろと。

なお、普段は片方の電源しか入れていません。健康なインコなら1つだけでもいいんじゃないでしょうか。

「20w+40w」の2本使いですが、病気、病み上がりや厳寒地対策におススメです。

真冬の明け方の温度が心配なので、病鳥インコの冬場(ちなみに東京)はセットで使うことが多かったです。これで大病した翌冬も大過なく過ごせました。

ちなみに保温電球を入れる場合、サーモスタットはあった方がいいですが60w以上になるなら「あった方がいい」というより「絶対買ってね!」みたいなことになります。

環境によっては40度超えみたいなことにもなりかねないからね。

マルカン保温電球40w+40wの2本使い(80w)は?

こちらは、病気のピーク時(?)に使っていました。

この場合は35度以上はデフォルトで超えますし、熱中症危機もあるのでサーモスタットはより必要性が高くなります。

「そもそもサーモスタットって何よ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、また後ほど。

保温電球、最初に買う時はカバーつきを

上記で紹介した保温電球は裸電球でも売っていますが、最初の購入時はカバーがないと使いようがない気もします。

ヤケドするからね

 

 

マルカンのものは

「保温電球カバー付き 40W」

「保温電球カバー付き 20W」

の2つがありますが、40wカバー付きの購入をおススメします。

なぜならば。

40wタイプなら電球は20wでも40wでも使える。
でも、20Wタイプは20wの電球しか使えない!!

ご注意を。

アサヒとマルカンの保温電球はどう違うのか

さて。

すでに小鳥の保温電球についていろいろ調べてきた方なら、こう思うかもしれません。

オウムさん
オウムさん
アサヒのものなら60wも100wタイプもある。そっち買った方が早いじゃんか。

そう。上記のマルカンのほかに保温電球はアサヒというメーカーからも出ています。

マルカン:「20w」「40w」の2タイプのみ。アサヒより安め。

アサヒ:「20w」「40w」「60w」「100w」の4タイプ。マルカンより高め。

性能はアサヒの方がいいというレビューあり。アサヒを使ったことのない私はマルカンに別段の不満もありませんが。

こちらの60wを買った方は(※熱くなるのでサーモスタットは必須)そのまま使ってよいと思います。

なお、今の自分なら、アサヒの40wと60wを買うかもしれません。

2本もペットヒーター並べるのは面倒ですからね。

40wは普段使いにして、60wは体調不良時の補佐としてストックしておくことでしょう。

その前提で、ペットヒーター購入の際に小鳥の専門医に事細かに指示されたことを以下に付記します。

専門医によるインコのヒーター注意点

まず、小鳥の病院では「インコが寄り添えるようなボードタイプ」や「止まり木が暖かくなるタイプ」はNGだと言われました。

小鳥の病院
小鳥の病院
低温火傷の恐れがあります。やめておいた方が良い。
小鳥の病院
小鳥の病院
鳥は暑いとき、足から熱を逃します。止まり木が熱いとそれができなくなる

とのことでした。
どうしてもというなら、外付けヒーターをと。

たとえば、下記のようなサーモスタット付きの外付けヒーター。そこまで温度は上がらないらしいので病鳥に使うというより、病気予防などの普段使い向きですが。

 

で、ペットヒーターの本命はやはり、これまで紹介してきた保温電球です。

ただし、ここの先生、どこまでも手厳しかった。

小鳥の先生
小鳥の先生
いきなり60wとか使っちゃダメ!
小鳥の先生
小鳥の先生
20wずつ増やしてください。80wなら20wのものを4個分買って!

要はカゴのサイズだったり、置く場所によって熱すぎる場合もあるからってこと。

しかし、カゴにあんなごついものを4つもつけるとか、4つも買うとか……。

保温電球は高いです。

20wカバー付きで2000円以上します。+サーモスタット何個分になるのか。

うーむ。ありえん。

と思って、2つ並びに勝手に修正し、今に至るわけですね。

数年使用した結論からいえば、うちではマルカンの保温電球40wと20wを1本ずつ常備しています。突然切れちゃった時のため。

なんだかんだと1年くらい持つ気はするけどね。

保温電球を使うならサーモスタットは必須!

60w以上の保温電球と必ずセットにしたいのがサーモスタットです。

といいつつ、「サーモスタットを買ってください」と病院で言われた時、「サーモスタットって何だっけ?聞いたことあるような、ないような」と思った次第。

要は「設定温度まで上がると自動的に電球が切れる装置」です。

30度に設定しておくと、自宅にいなくとも夜中でもそれ以上は温度が上がらないのでかなり重宝します。そんなこと、知ってますかね?

こうやってポチっていると、すぐに万を越えてしまいます。愛しのセキセイインコよりも周辺グッズの方が絶対に高くなります。

病院の先生に「あれとこれとそれを買って」と指示され、その合計が1万を超え、ポーちゃんの病院代も数日で数万を超え、打ちのめされそうになったものでした。

ただ、ランニングコストはそう高くない。保温電球は年中つけっぱなしの我が家ですら1年以上持っている気がします。

電気代は「40wで月324円アップする」みたい。

サーモスタットが適宜電球を消してくれるのでもう少し安いかも。ここはケチらず一気に購入した方がいい気がします。

保温電球でインコがヤケドしないよう

保温電球もヒーターもできるだけカゴの外につけましょう。

電球カバーの上でも、ずっと乗っていると低温火傷の危険性があります。

うちではカゴの外に保温電球を2つ並べて設置していますが、その上からコンロ用のパネルを被せています。直接、保温電球にかごカバーだと「燃えたらどうしよう!」「溶けたらどうしよう!」とか怖いので。

見た目、きれいじゃないですけどね……。背に腹は代えられない。

保温電球の温度を上げるコツ

保温電球の温度は当然ですが、カゴの大きさとか形状によって変わります。

小さければ暖まりやすいし、覆いがあれば暖まりやすい。

うちのは前面プラケースタイプのため、普通のカゴより暖まりやすかった。この上、不調時には左右をクリアファイルで覆い、空気の入りを少なくしました。

その上、ビニールカバーもかけました。

なお、どんなカゴでもカバーをかけると保温度は2、3度はアップする気がします。

持病持ちでなければそこまでやらなくても大丈夫かもしれませんが、あると便利。

カバーはかごのサイズによって合うものが違うので購入の際は注意しましょう。

鳥かごの中に温度計は貼ってね。

こちらは100円ショップのものでいいと思います。

インコの本おすすめ9選【入門書からインコ語の本まで】こんにちは。インコ、飼ってますか? 私は飼っています。本や新聞が大好きなセキセイインコのポーちゃんです。 ポーは活字を見...
インコのおすすめグッズレビュー(ケージ&フードetc.)こんにちは。インコ、飼ってますか? それともこれから飼いますか? うちは飼っています。おしゃべり上手なセキセイインコのポーちゃんです。...
停電は命取り!インコの飼い主が保温や移動グッズを探してみた。災害で停電になったりしたら「うちのインコ、どうしよう……」と不安でたまらない飼い主です。 闘病インコだったり、幼鳥だったり、そうで...
ABOUT ME
ドクターインコと仲間たち
東京在住のセキセイインコの飼い主です。先代はヘルニアインコ。2代目はPBFD疑いも陰転済み。「小鳥の専門医に聞いた話」+「実際にやってみた素人の試行錯誤」をまとめたノウハウブログ。肥満や発情対策などお医者さんの真逆のアドバイスを勝手に対決させたりもしています。100%と言わず50%程度の気持ちで参考にして頂ければ。