インコの保温

インコの適温は?モフモフインコは可愛いけど、それって寒いのかも。

こんにちは。インコ、飼ってますか?
私は飼ってます。ちょっと寒がりで年中「保温電球&サーモスタット」愛用のセキセイのポーちゃんです。

インコの適温はだいたい20~25度前後と言われています。
ヒナや病鳥ならちょっと高めで28度から30度前半くらいとかね。そうではない場合、30度超えると熱中症を危ぶむ声も出てきます。年中温度が高いと慢性発情しやすいとも言われます。

ただ、そうはいっても個体次第です。

うちでは諸事情(閉院・ドクターとの意見の相違・遠い等)により、半年間で5か所ほどの病院をハシゴしたことがあります。そのうちの一人である、気のいいお医者さんは言いました。ちょうどこれから冬になる時期。

気のいい小鳥の医者
気のいい小鳥の医者
温度には注意してね。寒くならないようにね。
気のいい小鳥の医者
気のいい小鳥の医者
といっても25度、高くても28度くらいかな。
気のいい小鳥の医者
気のいい小鳥の医者
逆に30度超えちゃうと暑すぎると思うから。

はい、わかりました、と答えたものの実際にわかっていたのは、そのアドバイスは無視するであろうこと。暑すぎるも何も、ポーのカゴ内温度は夏場で30度、冬で33度くらいを目安に設定していたからです。

「保温電球は年中!」と脅されたヘルニアインコ

それって暑すぎなんじゃないの?思うあなたもいるでしょう。
はい、その通り。持病もなく若いインコならきっと暑すぎでしょう。

ただ、ポーちゃんはヘルニア持ちです。肝臓もあまりよくありません。別のお医者さんにはこう言われていたわけです。

ちょっと怖い鳥医者
ちょっと怖い鳥医者
夏でも保温電球とサーモスタットは必須!

 

ちょっと怖い鳥医者
ちょっと怖い鳥医者
絶対に、絶対に、コンセントを抜くな!

くらいの勢いで。
ポーはお尻の部分にヘルニアがあります。ヘルニアとは何ぞやというのは別の記事に譲りますが、要はお尻が羽毛で覆われていないわけです。

ちょっと怖い鳥医者
ちょっと怖い鳥医者
直接冷えが腸や卵管に来るってこと!

そうと言われればおっしゃる通り。
その先生には行く度に叱られ、その言い方もキツかったので時々傷ついたりもしたのですがこのアドバイスは腑に落ちるものでした。

とはいえど。今現在、夏場の保温電球はほとんどの時間、オフになっている気がしますがね。普通にしてても30度超えちゃいますからね。

そのモフモフは寒がってる証拠かもしれません

実を言えば、ヘルニアが発覚する1か月ほど前までは温度のことはあまり意識していませんでした。
小鳥が元気だと飼い主は学ばないものです。冬場でも保温電球なし(当時は存在すら知らなかった)でカゴの上に段ボールをかぶせる程度。

なんとなく足が冷たいなと思うこともありましたが、さほど気にせず。

今思えば、病的な膨らみではないけれど、やや羽毛がもさっとしていていることも多かったような。「インコはモフモフのがカワイイし」と思っていたわけです。

 

が、この「カワインコかくあるべし」のイメージはインコにとって大迷惑な話でした。

少し怖い鳥医者
少し怖い鳥医者
インコの適温は机を「バンッ!」て叩いた時、驚いてシャキッとする姿。


この状態でいる時は暑くもなく、寒くもなく。

カワインコのモフモフは「寒すぎ!」まではいかなくとも快適ではないようなのです。
で、足が冷たいのも同様。インコの足は暖かいのが基本だそうです。

インコ自身が耐え切れなくなると片足立ちに。「足が寒い」のサイン。下のインコは少しモフッとしてますしね。

もっと寒いと下記のインコのように。モフモフインコは見た目可愛いですが、左のインコちゃんはちょっと心配な気がします。

インコの膨らみ(悪寒)が取れたのは室温36度!

下記にも書きましたが、うちのインコは「これは本当にしんでしまうのではないか!」というほど体調が悪化したことがあります。

参考:インコと保温電球(近日公開)

この時、暖めても暖めても膨らみが取れなくて。しにそうな思いで病院に連れて行ったところ、先生はポーちゃんを保温器に入れて言いました。

怖いけど頼れる小鳥の先生
怖いけど頼れる小鳥の先生
保温は30度程度を目安にって言うけど、自分の経験ではそうは思わない。
怖いけど頼れる小鳥の先生
怖いけど頼れる小鳥の先生
病鳥ならもっと温度を上げないと膨らみは取れません。

結局、ポーの羽根の膨らみが取れたのは36度。暖めてすぐに快方へとはさすがに行きませんでしたが、あのまま膨らみが取れなかったらポーはまちがいなく悲しいことになっていたでしょう。

怖いけど頼れる小鳥の先生
怖いけど頼れる小鳥の先生
インコの体温は40度。人間よりもずっと暑さには強いってことは考慮しないと。

これらのことを踏まえ、回復した後も「羽根が膨らんでいないか?」と基準に温度設定するようになりました。

ポーちゃんの場合、冬場はだいたいカゴ内温度33度でいい感じのスリム体形(見た目のみ)に。夏場はエアコンから少し離れた場所にカゴを置いているため、保温電球なしでもイケてる感じ。もちろん、放鳥中は冷房下の室内でも元気に遊んでいます。

羽根ワキワキは暑がっているサイン

もちろん、暖かければいいという話ではなく。

怖いけど頼れる小鳥の先生
怖いけど頼れる小鳥の先生
保温電球を使う場合は特に注意したいのが熱中症。

特に使い始めは寒すぎサイン同様、暑すぎサインにも注意しましょう。

小鳥は暑いとワキワキします。たまに肝臓からくる脳障害というか、神経発作でワキワキ(この場合はもっと大げさ)する場合もあるようですが、それは脇に置いて。

写真程度のワキワキならまだ軽症。けれど、口をパクパクさせるようになったら「暑い」というより「熱い」くらいでしょう。温度を下げて風を送るなどの処置は必要かもしれません。

以上、主にうちのポーの例から書きましたが、インコの年齢や健康状態、それまで生活してきた温度(慣れ)によって適温は違います。

お医者さんに言われたことも、本やネット(このブログ含)で読んだ説よりも、飼い主さんの直感の方が正しい場合も多いです。自分のインコ(の羽毛具合)を観察しつつ、適温を見つけていってください。

小鳥の専門医
小鳥の専門医
羽根を少しでも膨らましていたら「寒い」または「やや寒い」
小鳥の専門医
小鳥の専門医
羽根を浮かしていたら「暑い」
小鳥の専門医
小鳥の専門医
その中間を見つけてください。
暴れインコの保定のしかたとカゴへの入れかたこんにちは。インコ飼ってますか。 私は飼ってます。飼い主にはまとわりつくくせに、自分は触られるのが大嫌いなセキセイインコのポーちゃんで...
小鳥の専門医もたまには間違う。病院をハシゴしてわかった3つのことこんにちは。インコ、飼ってますか? 私は飼ってます。アルビノのセキセイインコです。ポーちゃんです。 東京は成増の小鳥屋で6年前に...
ABOUT ME
ドクターインコと仲間たち
東京在住のセキセイインコの飼い主です。先代はヘルニアインコ。2代目はPBFD疑いも陰転済み。「小鳥の専門医に聞いた話」+「実際にやってみた素人の試行錯誤」をまとめたノウハウブログ。肥満や発情対策などお医者さんの真逆のアドバイスを勝手に対決させたりもしています。100%と言わず50%程度の気持ちで参考にして頂ければ。